About

種蒔(たねまき)管弦楽団は2017年に愛知県で活動を開始したアマチュア・オーケストラで、以下の3点を主な活動目標/方針としています。

(1) 音楽活動を通じて南山国際高等学校・中学校の在校生、卒業生、教職員、保護者等の関係者の交流の場を創る。

(2) 南山国際高等学校・中学校の音楽教諭、故・山田信芳先生(2014年逝去)の思い出を共有する場を創る。

(3) 西洋音楽の基盤であるキリスト教音楽の研究と演奏を実践する。

(1)と(2)にあるように、当団は2015年に発表された南山国際高等学校・中学校(愛知県豊田市)の閉校(2019年度末で中学校閉校、2022年度末で高等学校閉校)をきっかけに生まれたオーケストラですが、必ずしも内輪向けの閉じられたオーケストラというわけではありません。むしろ、山田信芳先生とご縁のあった方、キリスト教音楽に関心をお持ちの方、愛知県内で音楽活動をしたい方など、様々な背景を持つ方に開かれ、交流するオーケストラを目指しています。さらには、新鮮なアマチュア・オーケストラとしてのレパートリーを確立することで、新しい文化の流れを創っていきたいと考えています。

まずは2023年の最後の卒業式での盛大な演奏を目標に、活動を充実させていきたいと考えていますが、それまで、またそれ以降、当団が具体的にどのような活動を展開していくかは、まだ決まっていません。少しでも当団の活動に関心をお持ちいただけましたら、自由なアイディアをお寄せください。また、演奏者として、お客様として、お会いできることを楽しみにしております。何卒よろしくお願い申し上げます。

発起人・寺田卓矢(南山国際高等学校2004年度卒業生)

 

 
※当団は南山国際高等学校・中学校の卒業生が運営していますが、学校との直接的な関係はありません。